見つける度にズーンと落ち込む気分|いぼの存在は今すぐ消し去ろう

各治療法の期間や費用など

注射

人気のレーザー治療

いぼが目立つ部位にできてしまったら、気になるものです。そのような場合、美容整形クリニックや皮膚科に通院すれば、解決することができますしかし、実際に通院する前にいぼの除去方法や治療にかかる期間、費用、メリット・デメリットについて把握しておきましょう。 いぼの一般的な治療方法としてレーザー、液体窒素、内服薬がありますので、この3種類について見ていきましょう。 まずはレーザーです。これは美容整形の手法として今やメジャーになりましたね。いぼの除去でレーザーを用いる場合は、肌に負担のかからない程度にレベル調整されたレーザーを使用しくり抜きます。治療にかかる期間は大きさや状態などにより異なりますが、3ヵ月〜半年程度、費用は1mmあたり2000円〜5000円です。各美容整形外科や皮膚科などにより費用にばらつきが見られることがデメリットといえますが、出血が少ない上に傷跡も残りにくく、再発しにくいなどといったメリットもたくさんあるのがレーザー治療の特徴です。 次は液体窒素を使用したいぼの除去方法です。マイナス196℃程度の液体窒素で綿棒のようなものを凍らせ、いぼに押し当てることで病変部を取り除くという方法です。液体窒素での治療は皮膚の表面を焼き切る方法なので、いぼの根の部分にまで到達するのに時間を要する場合もあり、治療期間は3ヵ月〜1年程度かかります。

液体窒素はリーズナブル

但し、液体窒素は保険が適用することも多く、費用は数ヵ所で1000円程度と非常にリーズナブルなのが最大の利点です。デメリットとしては再発の恐れがあること、痛みを伴うケースもあることなどです。 そして、内服薬でのいぼ除去を行なう方法もあります。これには“ヨクイニン”という薬を用いるのですが、日本では“ハトムギ”というネーミングの方がポピュラーです。このヨクイニンを飲むことにより身体の免疫力を向上させて、いぼの原因となるウィルスの力を弱めていくという東洋医学の観点に基づいた治療法です。この治療法はいぼの状態や形状などによって効果が出る・出ない(出にくい)という差が激しく、完治までにかなりの時間を要するというデメリットがあります。しかしヨクイニン自体は1000円前後で手に入りますし、治療に伴う痛みが全く無いというメリットもあります。 以上が病院で受けられるいぼの除去方法です。これはあくまで一般的な方法の一部なので、病院によっては他にも様々な治療が行われています。各美容整形外科や皮膚科などで自分のいぼの状態を調べてもらった上で、最適な治療を受けることをオススメします。レーザーに関しては人気もありますが費用もかかるので、その内訳も聞いて納得の上で行うと良いでしょう。