見つける度にズーンと落ち込む気分|いぼの存在は今すぐ消し去ろう

クリニックなら簡単に除去

美容整形

まず良性か悪性か確認

いぼが気になるときは、美容整形クリニックに行って取り除いてもらうという方法があります。いぼはいったんでき始めると少しずつ数が増えていくことがあります。そうすると女性の場合は特に心理的なストレスが大きくなるので、悩みを抱えているよりも思いきって美容整形クリニックで相談するのが解決への早道です。美容クリニックに行けば、まずいぼの性質が通常のものであるかあるいは危険な性質を持っている可能性があるか医師が診断してくれます。いぼやほくろが良性のものであるか、悪性のものであるかについては素人判断ではとても判別のつかないものです。そうした意味でも、いぼができてきたら放置せず美容整形クリニックで治療してもらうのがおすすめです。中にはいぼの性質があまりよくないもので、精密な検査を必要とする場合もあります。そんなときには美容整形クリニックの医師が専門の医療機関にいぼの病理診断を依頼してくれるので安心です。良性の普通のいぼであることがわかったら、それぞれに適した治療法で取り除いていきます。治療法にはレーザーを使う方法や液体窒素による方法などいくつか種類があるので、希望がある場合は事前に医師に伝えておくのがよいでしょう。

各種の治療法

いぼを取る整形法でもっとも簡単なのは医療用のハサミで切り取るという方法です。しかしこの方法の場合、多くは麻酔を使わずその場で切り取ってしまうので、人によってはこわいと感じることがあります。直接切除するほかには液体窒素を綿棒に塗布してそれを使っていぼを凍らせて取るという方法もあります。この方法では液体窒素をどの程度用いるかによって治療終了までの期間が変わってきます。一気に取り除くこともできますが、液体窒素を使った後はしばらくやけどのような痕が残る場合があります。そのため、できるだけ痕を残したくないという場合には回数を何度にも分けてもらって治療してもらうのがよいでしょう。美容整形クリニックが得意とするいぼの治療法にレーザーによって焼き切るという方法があります。これはシミやほくろなどの治療と同じ整形法です。レーザーを照射する前には局所麻酔をほどこすので、痛みに弱いという人やハサミ・液体窒素などでじかに取り除くことに心理的な抵抗がある人におすすめの整形法です。液体窒素の場合もレーザーの場合も、ある程度の期間はやけどのような赤みを帯びた痕が残ることがあります。最初のうちは多くの人が気にしますが、半年、一年と時間が経過するほど目立たなくなっていきます。